スポンサーリンク

パーマ

【パーマの種類と効果・基本編】デメリットを知って薬剤を使いこなす

投稿日:

パーマの種類は大きく分けて2種類

コールドパーマ
ホット系パーマ

に別れます。

その中でもコールドパーマは薬が違い5種類くらい存在します。

  • チオ
  • シス
  • シスチオ
  • システアミン
  • ラクトンチオール

こちらの5種類です。

そのほかにも酸性領域の薬剤、GMというお薬もあります。

コールドパーマの種類

【チオ】
チオはパーマ系の1番ポピュラーなお薬です。
薬剤のパワーも1番強く、アルカリ濃度が高いのが特徴的な薬で、主にバージン毛(ダメージのない、何もしたことのない髪の毛の事)に対して使われます。

デメリット

  • アルカリ濃度が強いので、キューティクルを傷つけやすいので、ダメージがしやすい。
  • 臭いが強い
  • 染みやすい

【シス】
シスは、チオに変わって、ダメージがひどくかけられない人向けに作られたパーマ液です。チオに比べるとアルカリ濃度も少なくダメージリスクも少なくなります。
還元力(髪の毛の中の結合を切る力)は、チオよりシスの方が強い。

デメリット

  • チオに比べるとパワーがどうしても弱いため、健康なところと、ダメージ部分で使い分けが必要になる。
  • チオほどではないが臭いがある
  • 肌の弱い人はシスでも染みる

【シスチオ】
シスチオは、チオよりも弱くシスよりも強い、間の薬になります。
ない時は、チオとシスを混ぜて作られて使っている時期もありましたが、今はシスチオがあるので混ぜなくても使えます。

細い髪の毛の方や、少しダメージがある方に向いている薬剤になります。

デメリット

  • チオ・シス同様に臭いがあります
  • 肌の弱い方は染みます

【システアミン】
システアミンは化粧品登録の薬剤で、アルカリ濃度がすごく少なくなっているのが特徴です。また、還元剤の分子構造も、チオやシスに比べると分子の大きさが小さくなっています。なので、少ないアルカリ濃度でも髪の毛の中に入っていくことができます。

アルカリ濃度が少ない分ダメージも少なくすみ、カラーなどの褪色も従来のパーマ液よりも抑えられるよになりました。

デメリット

  • 化粧品パーマ液独特の臭いがあります。
  • ごく稀にかぶれ、かゆみを感じる人がいます。
  • 薬剤パワーが弱いので、ダレやすい

【ラクトンチオール】
システアミンのさらに進化系薬剤の「ラクトンチオール」です。
分子構造が”マル“ではなく、平べったい”円盤“様な形をしているのが特徴です。
また、アルカリを一切入れずに使うことが可能で、ノンダメージパーマをかける事が可能になりました。

デメリット

  • アルカリが入っていないため少し時間がかかる
  • 臭いが独特
  • 経験と知識が必要
  • 特殊なパーマ液の為、料金が高くなる
  • アルカリが入っていない為軟化しないので経験値が多少必要

ホット系パーマとは?

ホット系のパーマは2つの種類に別れます。
「縮毛矯正」「デジタルパーマ」の2種類です。

ホット系パーマは、主に熱処理でかけていくパーマの事を指します。
熱酸化と言って、薬剤で切ったシスチン結合を再結合させる事で、パーマの形状を固めていきます。

一般的には、普通のコールドパーマに比べて持ちがいいとされており、最近のパーマの8割くらいは、このホット系パーマになります。

サイトの著者【イシカワマサキ】

masaki
TOKYOGirlsCollection ヘアメイクチーム参加、Sweet Myベストヘア掲載、東京カジカジH掲載その他イベント、雑誌掲載など。日本最大級のファッションショー東京ガールズコレクション始め、毎月の撮影、ヘアショー、イベント、雑誌など常にトレンドを発信。提案力とデザイン性が売り。

普段のスタイリングを楽に、髪質の悩み、なりたいスタイルは石川まで是非ご相談!ヘアアレンジ動画YouTubeにて更新中

-パーマ

Copyright© Hairdresser M.I , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.