スポンサーリンク

カラー ブリーチ

ブリーチしても色落ちしない色は?色落ちでも綺麗なカラーとは??

最近では色々な色が流行り、髪の毛の色も楽しめるようになりました。

ただ、せっかく時間をかけて、ブリーチしてかわいい色にしたのに、色落ちしてショックを受けたことはあると思います。

 

スポンサーリンク

 

ブリーチしても色落ちしない色はあるのか?

結論から言うと、ブリーチしても色落ちしない色はありません。
残念なながら色落ちは防げないのが現状です。

 

色落ちは防げませんが、色持ちが良い色は存在します。

 

答えは「明度」「色相」「彩度」の中の「彩度

要は色の濃さが関係しています。
彩度が濃く暗ければ暗いほど、色味が濃いということになりますので、必然的に色持ちが良くはなります

 

 

その他で持ちを良くしてくれるカラー剤は、塩基性カラー、があげられます。
有名なところでは「マニックパニック」などのカラートリートメントといわれるカラー剤です。

カラートリートメント・カラーバター、人気の4つはこちら!

カラートリートメントで人気のカラーバター、マニックパニック(マニパニ)などなど数がありすぎてわからないので、人気のラインナップを調べてみました。 カラートリートメントは、トリートメントしながらカラーが ...

続きを見る

 

ただしマニックパニックの様なカラー剤を使用すると色が完全に抜けなくなってしまい、後々のカラーチェンジが大変になります。

 

【メリット】

  • 傷まない
  • 発色がとてもいい

ブリーチして色落ちしても綺麗な色がお好みの方は、
「塩基性カラーorカラートリートメント」がベスト!!!

 

 

カラートリートメントとは?使い方から、黒髪、ブリーチの違いについて

近年ではカラーのデザイン変化によってカラー剤の種類も多種多様になってきました。またドンキで買えたり、ネットの普及により、一般的なお客様でも気軽に買えるようになってきました。 そんな中でも、ブリーチカラ ...

続きを見る

カラートリートメントとヘアカラーの違いについて

  最近では色んなカラー剤が出てきたり、いろんな呼び名があって何がなんだか分からない人も多いのでは? そもそもヘアカラーとカラートリートメントの違いは? スポンサーリンク 目次1 カラートリ ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

 

ブリーチしたカラーの色落ちはカラーの頻度で色持ちが変わる

ブリーチをして持ちを良くする方法は、カラーをする頻度です。

 

カラーをする頻度が多いと前回入れているカラーの色素が残っているので、アッシュ系カラーであればアッシュ系の色味を。。。

 

暖色系の赤系やオレンジ系のカラーであれば暖色系カラーの色味を入れてあげるとカラーの色素が蓄積していきます。

 

なので、色落ちが早いと感じる場合は、カラーをするサイクルを早める必要があります!!ブリーチをしているのに、2ヶ月、3ヶ月のサイクルでは、色が完全に抜けきってしましいますので、色がすぐに抜けた印象になります。

 

 

ブリーチは色落ちも早く抜けてしまうのは何故か??

ブリーチをしたことがある方はわかると思いますが、ブリーチをしてからその後にもう1度色を入れるのがいわゆる「ダブルカラー」ですが、ブリーチ直後に入れた色が一番抜けやすい時です。

 

それはなぜかというと、もちろんダメージの違いもありますが、もう1つは「過硫酸

ブリーチの薬剤には100%含まれている、メラニン色素やカラー剤の色素を分解してくれる薬剤ですが、その日の美容室だけのシャンプーではどんなにキレイに洗っても完全には落ちないのです。

落ちないというのは見た目の話ではなく、目に見えないキューティクルの隙間などに、ブリーチの成分の過硫酸やアルカリ剤がどうしても残留してしまうことで、次に入れるカラー剤の色の発色を妨げてしまうので、どうしてもカラーの入れたては抜けやすく発色しずらくなります。

スポンサーリンク

 

 

ブリーチ毛に色を繰り返して入れると良いメリット

ブリーチの特徴としては、ブリーチ直後は色が抜けやすいことは分かったと思いますが、もう1つのポイントが色が落ちてカラーの色味が抜けた、ただの金髪です。

 

美容師さんは「黄ばみ」とも言うぐらい汚い黄色になります。昔でいうヤンキーカラーです。

 

ブリーチ毛に色を繰り返して入れると良いメリットは、先ほども書いたようにカラーを繰り返しする事で色が蓄積していき、色持ちが良くなることと、もうひとつが「黄ばみ」です。

この黄ばみは何度もカラーの色味を入れる事で、黄色味が消えていき、キレイなアッシュ系や、ミルクティー色が出しやすくなっていき、色落ちと、色持ちが1回目のカラーに比べると格段に良くなっていきます

 

 

ブリーチをする限り色落ちはしてしまうのか?

答えは→YESです。

ブリーチをする限り色落ちはしますが、

誰もが憧れるカワイイ色、カッコイイ色はゲットできます。

 

透明感のある色や外国人風カラー、グレージュ、ブルージュなどは、ブリーチをしないとたどり着けない領域の明るさなので、オシャレを楽しみたい人、憧れの芸能人みたいにしたい人にはおすすめです。

 

 

ブリーチしたときの色落ちの対策

ブリーチをした時の色落ちの対処法ですが、

 

色が落ちきる前にカラーの色味を入れる

 

  • ムラサキシャンプー
  • シルバーシャンプー
  • ピンクシャンプー

などで色落ちの持ちをカバーする。

ムラサキシャンプー人気の6選!おすすめから使い方、選び方のポイント

最近人気のカラーシャンプーですが、たくさんあってわからない方の為に、おすすめのシャンプーの紹介をします。 「ムラサキ系」シャンプー。通称「ムラシャン」の紹介 ムラサキシャンプー(ムラシャン)は暖色系カ ...

続きを見る

シルバーシャンプー人気の6選!おすすめから使い方、選び方のポイント

最近人気のカラーシャンプーですが、たくさんあってわからない方の為に、おすすめのシャンプーの紹介をします。 「シルバー系」シャンプー。「グレージュ」「ブルージュ」ヘアをする人におすすめ シルバーシャンプ ...

続きを見る

ピンクシャンプー人気の6選!おすすめから使い方、選び方のポイント

最近人気のカラーシャンプーですが、たくさんあってわからない方の為に、おすすめのシャンプーの紹介をします。 こんかいは「ピンク系」シャンプーの紹介 ピンクシャンプーは暖色系カラーをする人におすすめのカラ ...

続きを見る

綺麗な色をキープするのって色々大変なんですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「ブリーチしても色落ちしない色は?綺麗な色落ち」について紹介しました。ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

-カラー, ブリーチ

Copyright© Hairdresser M.I , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.