スポンサーリンク

美容師

美容師がたった3ヶ月でスタイリストになる方法・これが正直最速です。

早くスタイリストになりたい?

もしくは、お店側から早くしろと言われている?

 

どちらの理由にしろ早くカットできるスタイリストになる方法はあります。

今回はそんな方に向けて「3ヶ月でスタイリストになる方法」と考え方の紹介をしたいと思います。

 

 

 

早くスタイリストになりたい人はこちら

美容師がたった3ヶ月でスタイリストになる方法

結論からいうと「カット専門店で働く」です。

 

えっ?!と思うかもしれないですが、これが最速です。

 

カット専門店は、店舗にもよると思いますが、大体はカットがすぐできるようにマニュアルがあります。これをするだけでカットができるようになります。

人間には、行動習慣というものがあり、回数を重ねることで、理解し経験します。

要は、体験から学ぶ生き物なんです。

おそらく皆さんが学生のときに行った手順と全く変わりません。

学習の基本は「インプット」と「アウトプット」の繰り返しです。
つまりは徹底的な反復学習により、知識は習得され自分の中に落とし込むことができます。

具体的には、

1.テキストを読む、動画を見る(インプット)
2.実際に作業をする(カットする、してみる = アウトプット)
3.作ったスタイルをオーダー通りかどうか確認する
4.ズレがある部分を修正する
5.再度テキストを読む、動画を見る(インプット)

という手順になります。

徹底的な反復学習でのみ人間は、知識を自分のものにできます。

世界一のコー チ アンソニーロビンズの言う「大量行動」もまさにこれに当たるでしょう。

私がよく使う例え話なのですが、

バスケットでシュートを確立よく決めるためには、上手いシュートの打ち方を1万回聞くよりも、1度正しいシュートの打ち方を知ったら1万回シュート練習をすることの方が大切です。

「加速学習」という言葉がありますが、人間は「読んだだけ」「聞いただけ」「見ただけ」では、その内容の半分も記憶することができないと言います。

つまり、カットの本を何万回読んでも、カット動画を何万回見ても、その内容の半分以上は記憶にすら残らないというわけです。
しかし、読んだ内容や知った内容を実際に手を動かしながら体験することで、 相乗効果的に脳が動き始め、知識を一気に吸収できるというわけです。

 

だから、最速でスタイリストになるには、カット専門店で働くのが正解なんです。

 

 

 

今回はカットだけの話をしましたが、

カラーもカラー専門店で3ヶ月、ヘアアレンジも専門店で3ヶ月やればトータル9ヶ月でスタイリストになれます。

皆さんも経験ありません?

バイトだって3ヶ月あれば、大体のことはできるようになっていませんでしたか?美容師も一緒です。

美容師さんがスタイリストデビューまで時間がかかってしまう原因は本人のやる気にもよりますが、圧倒的な行動、実践経験の量が少ないからです。

私も、アシスタント時代は、休みの日を使ってカット専門店でバイトがてらカットしていました。その結果、この髪の毛は硬いな、柔らかいな、といった感じで経験値を得ることが可能になっていきます。プラスお金をいただきながら練習もできて、経験値も増えるといった、1番効率的なカット習得方法になります。

 

カットは型を覚えてフレームワークを決めていく

いろんなカットの方法がありますが、自分に合うカット方法はどれなのか?を決めていくんです。

  • ボブならこのカット方法。
  • レイヤーカットならこのカット方法。
  • 重めならこのカット方法といった具合に方とフレームワークを決めておきましょう。

 

「型」が決まったら後は、先ほどもご紹介したように、回数を重ねることでカットのクオリティーと安定感が変わっていきます

 

「大量行動」すなわち同じ型でスタイルを切ることによってそれがあなたのオリジナルになっていうきますし、効率化も出来るようになっていきます

 

 

 

 

美容室の現状・スタイリストになる前にアシスタントから行動を変える

アシスタント時代から意識を変えていく

世の中の8割、いや9割の美容師アシスタントの方はおそらく何も考えていないでしょう。とか言ったら怒らそうですが、現実はそんなもんです。

結果、会社が用意したカリキュラムで学んで育つので、変な固定概念が完成します。これが成長速度を遅くしてしまう原因にもなります。

 

また、「ここでは学べない」というアシスタントの子もいますが、それは勝手な思い込みであり、先輩スタイリストの方が断然すごいのは、言うまでもありません。

  • 施術スピード
  • 接客スキル
  • 提案方法
  • 数字管理
  • 分析
  • 多種多様の表現方法など、

上げたらキリがないですが、見る部分が違います。

アシスタントの子達は言われたことをやるだけですが、できるスタイリストは、提案し、改善できる人です。

と、言った感じで物事にはなんでも理由があります。

常に「なぜ?」という疑問を持つ習慣を持ちましょう。

このスキルはつけようと思えばすぐに身着くスキルです。

 

 

目標は9ヶ月でスタイリスト

これは最初にも述べた通り、どのようにやればスタイリストになれるかが理解できたかと思います。あとは継続と、インプット&アウトプットを繰り返していくだけです。

無駄な時間は極力省いていきましょう。

 

なので転職という考え方もありです。

日本では転職をあまりいいとしない文化がありますが、そんな固定概念は捨てましょう、

実際、海外は違います

  • ちなみに海外の平均転職回数は11回
  • 日本は3回

転職とは自分のスキルアップのためにやるものです。

カラーを学んだら次のステップに上がれるお店。

アレンジを学んだら次のステップに上がれるお店。

カットはカット専門店で。。。。カットを3ヶ月で終わらせましょう。

 

 

 

早くスタイリストになった方が、圧倒的に稼げます。遅い人ほど損です。

 

 

 

先ほども言いましたが、

人間には、行動習慣というものがあり、回数を重ねることで、理解し経験します。

要は、体験から学ぶ生き物なんです。

おそらく皆さんが学生のときに行った手順と全く変わりません。

学習の基本は「インプット」と「アウトプット」の繰り返しです。
つまりは徹底的な反復学習により、知識は習得され自分の中に落とし込むことができます。

 

具体的には、

1.テキストを読む、動画を見る(インプット)
2.実際に作業をする(カットする、してみる = アウトプット)
3.作ったスタイルをオーダー通りかどうか確認する
4.ズレがある部分を修正する
5.再度テキストを読む、動画を見る(インプット)

という手順になります。

徹底的な反復学習でのみ人間は、知識を自分のものにできます。

カットの本を何万回読んでも、カット動画を何万回見ても、その内容の半分以上は記憶にすら残らないというわけです。
しかし、読んだ内容や知った内容を実際に手を動かしながら体験することで、 相乗効果的に脳が動き始め、知識を一気に吸収できるというわけです。

 

 

美容師さんの未来

人が作ったレールの上では自分が加速はしない。各、美容室にはマニュアルがありますが、そんなものでは上手くなりません、行動あるのみです。

これにつきます。

 

 

 

美容師に限らずですが、先の美容師業界は「格差社会の時代に突入します」

要は、稼げる美容師さんは稼げますが、稼げない美容師さんはどんどん稼げなくなっていきます。

だから、学ばないといけないんです。

 

そして、美容師としてある程度稼げるようになったら、次のビジョンに向けて動いていきましょう。

次の自分に投資いていくのです。

 

ここで誤解してほしくないのが”美容師”も仕事でありビジネスなんです。

そこの部分を勘違いしている美容師さんが圧倒的に多いですし、クリエイティブに、職人肌でみたいな時代は終わりました。

そうではなくて、美容師で下積みをして、身につけたスキル、技術で稼げる様になったら、
その後があります。

その稼いだ給料を次の自分に投資していきます。

皆さんは美容師になるために少なからず「投資」をしてきたと思います。カット講習、カラー講習、パーマ講習などたくさんの投資を自分にかけてきたと思います。

それをまた繰り返していくだけでいいんです。

要は人生の本質は、昔とは違って一生その仕事をするのは現状無理な時代に来てるんですね。なので、美容師で稼いだお金を次なる自分に投資していくんです。

 

今後の美容師は、稼ぎの柱となる部分をまず“3つ“は作っておきましょう。

 

なので美容師でも稼げるようになって、そこにプラス他の稼げるものを作っていくんです。

 

 

 

美容師で稼げる様になったら「次のビジョン」

どこをゴールにするのか?がとってもポイントになっていきますが、そこは人によって、違いがあると思います。

ポイント

例えば、

  • 30歳から他のことも学ぶ
  • 30万円稼げるようになったら10万円は自分に投資して学ぶ
  • 40万円稼げるようになったら20万円は自分に投資する

といった具合に限界値を決めておきましょう。

なので間違っても
40万円、50万円稼げるようになったからといって、飲みに毎日行ったり、好きな洋服をバンバン買っていくのは良くありません

簡単にいうと、毎日飲みに行ったり、洋服を買ったりは、なんの投資にもなっていませんし、極論お金がなくなっていくだけになります。

なので美容師であれば洋服に投資することもありますが、なるべく金額を落とした買い物を賢くしていきましょう。

で、次のビジョンというのは、稼ぐための仕組みの構築について学んでいく必要があります。

  • お客様を呼ぶためのマーケティングスキル
  • お客様に提案するためのトークスキル
  • お客様に認知・発見してもらうためのWebスキル

 

これらを学ぶことによって、新しく自分が稼ぐための仕組みを構築していきます。

例えば

マーケティングを学べば、自分のフォロワーを増やしたり、ターゲットを絞ることができます、実際のお店に来ていただいて、そこからトークスキルでさらに何かの商品の販売もできます。

プラスWebスキルを使って自分がインスタグラムなどで紹介した商品のページを作っておいて、そこで販売をして収益をあげることが可能になっていきます。

最初は時間がかかりますが、慣れてくれば、簡単に構築できますし、美容師として勉強してきた皆さんであれば、学ぶことの大切さを痛いほどわかると思います。

 

 

ぜひ早くスタイリストになって次のビジョンに向けて動き出していきましょう。

早くスタイリストになりたい人はこちら

 

 

無料で登録できるので
ぜひ登録してチェックしてください↓

トップページに戻る

-美容師

Copyright© Hairdresser M.I , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.