スポンサーリンク

ブログ ヘアカット

レザーカットを使って施術スピードをアップ「美容師なら持つべきアイテム」

こんかいは、YouTubeでも紹介した「レザーカット」の紹介をしていきたいと思います。

レーザーカットは、ベースカットでも使っていけますし、仕上げの襟足の処理なんかもスピーディーの行うことができますので、1度使ったら手放せないアイテムになっています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

レザーカットとは?

身近なものでいれば、無駄毛をお手入れできる「カミソリのようなもの」がレザーカットになります!!

なので、産毛を剃ったり、ヒゲを剃ったりもやろうと思えばできます。ただし、基本は1枚場になっているのでヒゲそりのようにキレイに剃るには理髪店さんのような技術と道具が必要になっています。

美容師で使っていくレザーカミソリは、そんな技術などが無くても剃れるように、安全装置のような部分がついていますので、お客様の肌を切ってしまうリスクが少ない形状になっているので初めて使う人にも安心して使っていけます。

 

 

レザーカットの特徴

レザーカットの特徴は、なにより‘’柔らかさ‘’です

ハサミでカットすると、どうしてもカットラインが出てしまいますが、レザーカットの場合は、その固いカットラインが出てきません。

切り始めから「不揃いな質感を出すことが可能になっています」

 

 

 

 

レザーカットはどんな時に使っていく?

  • ベースカットで使っていけば、後でカットラインをぼかしていく必要がありません
  • アウトラインの処理にむいています

 

例えば

全体のカットが終わった後に襟足が‘’パッツン‘’となっているのを見たことはありませんか?
この襟足がパッツンとなっているだけでスタイルがかなりダサく見えしまいます

これをすぐさまボカシてくれるツールが「レザーカット」なんです。

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、レザーカットの事について紹介しました。

カットにおける質感づくりの味方になっていきますし、これを使いこなすだけで周りの美容師との差をつけることも可能になっています。

美容師のカットにおける必須ツールになっていますのでこの機会にぜひ試していきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

トップページに戻る

-ブログ, ヘアカット

© 2021 Hairdresser M.I Powered by AFFINGER5