ファッションショー・ヘアメイクも手がける美容師・

Hairdresser M.I

スポンサーリンク

ヘアケア

美容師が教える湿気、梅雨時期の髪の毛対策【スタイリング編】

湿気が多い日は髪型が崩れて悩んでいませんか?
毎朝前髪をふんわり巻いたり、髪を内巻きにしたり、それでも湿気で台無しになってしまいますよね?

  • 湿気が多い日は、寝起きみたいにボサボサで最悪
  • 後ろの髪も変な方向にうねってしまいブサイクが増す

特に前髪は女の子にとっては「命」共言える場所ですよね?

スポンサーリンク

 

湿気が多い日でも髪型を維持する方法!

スタイリング剤の中には湿気防止剤が含まれている製品があります。

ブローをする前に使うローション、熱から守る製品に湿気防止剤が含まれていたり、アイロンをかける前に使うセットスプレー、スタイル終了後に使うスプレーにも崩れ防止成分が入っています

これらを使ってスタイルのフィニッシングをするとスタイルの維持ができます。

男性を見てもらうと分かると思いますが、スタイリング剤がついていて雨の日でも崩れない人はガチガチに固めています。男性くらいスタイリング剤をつけろとまでは言わないですが、毛先のパサつきなどはツヤ系のスタイリング剤で補えます

美容室で売られている製品の方が効果は高いので美容室でその様な製品を勧めてもらうと良いです。

 

それ以外は湿度が高いとまず維持するのは無理です。

 

なので梅雨時期や湿度が高い時期はなるべく自然乾燥で何も付けないで終わりではなく、そこそこスタイルになるようなカットやパーマや縮毛矯正でスタイルを決めた方が良いです。

もしくは結んで終わりにするしかないです。

 

梅雨時期の湿気が多く、スタイリング剤が必要な人

ポイント

  • アイロンなどをしないと曲がらない直毛の人
  • ボサボサ、パサパサになるクセの人
  • ブローしないと膨らむクセ毛の人

 

【アイロンなどをしないと曲がらない直毛の人】

直毛の人はアイロンなどでカールをつけても湿気の水分のせいで取れやすくなってしまいますので、アイロンで巻く前にハードスプレーを髪の毛につけてカールの形状を記憶させやすいようにつけておくと良いです。さらに取れやすい人は巻く前、巻いた後の2度付も効果的です。

 

直毛・くせ毛のスタイリングにおすすめのスプレー
スプレータイプのおすすめ
ロレッタのカチカチシュー ¥2,160 200ml

スプレーの噴射度合いも少し強めで狙ったところに比較的につけやすいタイプのハードスプレー。質感もドライな感じで、湿気の多い時期や、しっかりと固めたい時におすすめの一品。ロレッタシリーズは見た目もカワイイのでオシャレさんに是非。

 

アリミノのフリーズ ¥1,620 180ml

迷ったらこちらのハードスプレーで間違いない!大人気のハードスプレー。瞬時に固まる、香りも良くて、大変使いやすくとっても重宝できる存在。

 

ルベル トリエスプレー 10番 ¥1,728 170ml

デザインもシンプルで誰でも持ち運びできる。同じく霧状のスプレーで噴射してくれるので、スタイルも重くなり過ぎず、快適に過ごせます。他のドライスプレーに比べると若干のツヤも出せます。またフレグランスタイプでラフランスと蜜りんごの香りがします。香りが好きな方には、おすすめ!

 

有名美容室リップスのハードブラストスプレー ¥2,160 200ml

霧状、ミスト状にスプレーが出るので全体にムラなくつけられるので、つけるのも楽、香りもつけた瞬間だけなので、香りが苦手な方には相性抜群!!

 

ナンバースリー デューサー7 ¥1,620 170ml

正式名は「デューサーヴェール7フリーズハード」とヴェールケアをしてくれるスタイリング剤!スタイリングをつけながら髪の毛のケアも出来ちゃう1つ2役の優れもの。速乾性も高くハードなセット力が売りです。

 

 

市販で売られているケープなどはどちらかというと水っぽいタイプなのであまりおすすめしません。

 

【ボサボサ、パサパサになるクセの人】

パーマ、縮毛矯正をしている方で、もともとパサつきやすい人などは、水分を吸収するとパサつきが出てしまいます。なので初めから髪の毛に水分を入れておく必要があります。

まずは髪を乾かす前にクリームタイプの洗い流さないトリートメントをつけてしっかりと保湿をしてから乾かします。乾かす際もなるべく早く乾かして水分を閉じ込めていきましょう。

パサつきが強い方はツヤ系のスタイリング剤。
最近では「ツヤ、ウェット」スタイリングも流行りなので、バームやオイル、天然のオーガニック系スタイリング剤なども人気があります。

 

【ブローしないと膨らむクセ毛の人】

クセが強い方は湿気には勝てません!アイロンやブローで真っ直ぐにしても維持の限界がありますので縮毛矯正も視野に入れてあげると朝のスタイリングも楽になるし、多少の湿気にも対応できます。

ポイントは水分量!

スポンサーリンク

 

くせ毛が出やすい人の特徴

ポイント

  • 髪の毛が撥水毛
  • 何もスタイリング剤をつけない人
  • くせ毛が強い

上記にあげたような方は縮毛矯正が必要です。

周りの友達にもいませんか?湿気が多い日でも、なんともなっていない人。。。
そんな人の特徴は、水分量と、それを維持する髪の毛の形状がそもそも違います。

【髪の毛が撥水毛】

髪の毛が撥水毛の人は、髪の毛が乾きやすい状態の人のことです。そんなタイプの髪の毛の方は逆にいうと水分を吸いやすく乾きやすいので、湿気多い場所にいると水分を吸って乾いてを繰り返すので、どんどん膨らんでいきます。

湿気を浴びるとシャワーを軽く浴びる様なものです。それでスタイルが崩れない方がおかしい。

 

【何もスタイリング剤をつけない人】

何もスタイリングをつけない人は上記でも書いた様に水分の移動が激しいので、湿気の影響を受けてクセが出やすい状態になります。コーティングしてくれるスタイリング剤をつけてあげる方が良いです。

【くせ毛が強い】

クセが強い方はブローしても、ストレートアイロンで伸ばしても湿気には勝てません、スタイリングでなんとかするのも難しいです。クセを生かしてパーマ風スタイリングならありですが、ブローする様なスタイルは維持が難しいです。

雨の日でもそれほどスタイルが崩れてない人もいます。そういう人は水分を吸い取っても膨らんだり跳ねたりしない髪質。

もしくは髪の毛を強制的に形状を変えています。

それを可能にするのが縮毛矯正です。

縮毛矯正無しで髪の毛をさらさらストレートヘアにする方法

1番手っ取り早いのはストレートパーマではないでしょうか!! ストレートパーマのメリット アイロンがないのでダメージが少ない 弱いくせ毛ならストレートになる 多少のボリュームダウンになる 多少なら髪がま ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-ヘアケア

Copyright© Hairdresser M.I , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.