スポンサーリンク

ヘアケア 白髪の対策

【白髪の原因】美容師が教える30代から始めるケアの方法

投稿日:

 

30代になって白髪がちらほら出てきていませんか?
白髪は平均的に見ると30代後半から増え始めると言われています。

白髪があるだけで見た目の印象が「疲れて見えたり」年齢より上に見られたり」とあまりメリットはありません。そんな皆さんの悩みの種。白髪についての原因と対策、ケアの方法を書いていきます。是非参考にしてみてください。

30代の白髪の原因とは?

白髪が生えて増えてくるタイプには、3つのタイプがいます。

  • 加齢などによりメラニン色素の生成がおこなわれない
  • ストレスなどが原因でメラニン色素細胞の活動停止
  • ケガなどによる突然の白髪

 

【加齢などによるメラニン色素の生成がおこなわれない】

年齢とともに細胞たちの活動が弱まっていきます。

特に白髪になってしまう方は、このメラニン色素を作っている細胞たちがだんだんと活動しなくなってしまう事で白髪になっていきます。

【ストレスが原因でメラニン色素細胞の活動停止】

ストレスが原因で血行が悪くなり、血管の収縮が起こり栄養不足などの理由で、メラニン色素細胞が活動を停止したりしてしまいます。また食生活や疲労など理由は様々で、色んな理由で体はストレスを感じています。

【ケガなどによる突然の白髪】

これはかなり希なケースですが、事故やケガなどで頭をぶつけたときに、毛根のメラニン色素細胞がダメージを受けて、メラニン色素を生成しなくなる事で白髪になる場合があります。

 

30代の白髪の発生時期と特徴

白髪の平均発生時期の目安

男性 34歳 女性 35歳

以外に男性の方が早いんですね!!

白髪の特徴としては、3つあります

  • 黒髪より硬い
  • 撥水毛
  • キューティクルが少ない

 

【黒髪より硬い】

白髪の特徴に硬さがあります。ハリコシがあるので、白髪が気になって抜いたりしてしまうと「ピンっ」と立ったように見えてしまうのであまり抜かない方がいいでしょう。

masaki
“白髪をぬくと増える”なんて昔から言われていますが科学的根拠はありません!なので抜かないようにしましょう。

また白髪を抜くと、毛根にばい菌などが入り炎症を起こす恐れがありますので、ハサミで切るか、カラーリングすることをおすすめします。

【撥水毛】

白髪は硬いのと撥水毛なので、パーマやカラーリングがやりずらい髪質になります。

撥水毛とは、水に強く、水を弾きやすい髪質のことです。

【キューティクルが少ない】

白髪の髪質は、キューティクルが少なくなるか、キューティクルが強くなります。なので撥水毛同様に薬剤の浸透が悪くなります。

 

30代の白髪を改善するための習慣

  • 食生活の改善
  • 生活習慣
  • アイテムを使う習慣を身につける

 

【食生活と生活習慣の改善】

白髪を今以上に増やさないための方法としては、まずは食生活と生活習慣を見直しましょう。

ビタミン、食物繊維、ミネラル、タンパク質、炭水化物、糖質の6大要素が髪の毛に必要。栄養バランスや食生活を改善するだけで髪の毛やお肌などの状態も良くなるので一石二鳥です。

黒髪に必要な物質が「チロシン」です。

チロシンはメラニン色素を作るための成分ですが、主に大豆やチーズの中に含まれています。

 

【アイテムを使う習慣を身につける】

白髪を少しでも改善、予防するための方法は「育毛剤」です。

あくまで少しでも改善するための方法ですが、上記でも書いた通りメラニン色素細胞が活動をやめてしまうと髪の毛が黒くなりません、そのため白髪になるので、「育毛剤」を使って活動を休んでしまっているメラニン色素細胞を刺激してあげる事が白髪の予防になります。

育毛剤は薄毛や抜け毛対策だけだと思っている方がいますが、白髪の予防にもなるんです。

抜け毛なども毛根が活動をやめてしまう事で起きるので、同じように育毛剤で休んでいる細部を活性化させます。朝晩毎日使うだけでも白髪の予防になります。

女性にも人気の育毛剤

【マイナチュレ 】女性用育毛剤の口コミと効果

目次1 【マイナチュレ】女性用育毛剤は本当に効果があるのか?口コミから分析してみる2 【マイナチュレ】女性用育毛剤のメリット・デメリット3 【マイナチュレ】女性用育毛剤の良くある質問【疑問を解決】4 ...

続きを見る

それでも白髪が気になったりする方は、別の方法の白髪対策も検討に入れなければなりません。

30代白髪の対策・対処の方法

白髪が増え続けて見た目が気になり始めたら、対策として、ヘアカラー剤で染めることも検討していきましょう。今の化学ではまだ完全に白髪を治す事はできません。

白髪染めで使えるカラー剤の種類

  • ヘアカラー(オシャレ染め)(グレイカラー)
  • ヘアマニキュア
  • ヘナカラー(植物系カラー)
  • カラースプレー
  • カラートリートメント
  • カラーリンス

 

【ヘアカラー(オシャレ染め)(グレイカラー)】

ヘアカラーが1番白髪染めでは持ちがいいです。おしゃれ染めもグレイカラーも同じカラー剤で、違いは薬の中の”ブラウン“の量です。グレイカラーの方がブラウン量が多い為白髪が染まりやすいです。

オシャレ染めでも白髪は染まります(明るさによる)

デメリットでは「ダメージする」という点とグレイカラーの場合「暗く」なります。

【ヘアマニキュア】

ヘアマニキュアは髪の毛の周りをコーティングしながら染めるカラー剤です。何度か染めていけば色も徐々には定着していきますが、染めたての1週間は多少の色落ちがあります。

メリットはダメージしないのと、髪の毛をコーティングしてくれるので、ツヤが出やすくなります。

【ヘナカラー(植物系カラー)】

ダメージも少なく、白髪もしっかり染める事は可能ですが、1度ヘナカラーをすると、色味チェンジが難しいです。

また髪の毛を明るくする事は出来ません。

【カラースプレー】

カラースプレーは一時的なケアとして使うカラー剤になります。ダメージは、ほぼしないですが水に濡らすと落ちてしまうのが欠点です。

【カラートリートメント】

その名の通りトリートメントなので、髪の毛をケアしながら染める事が可能です。ヘアマニキュア同様に1週間くらいは髪の毛を濡らすたびに色が出てきます。

【カラーリンス】

カラーリンスは多少染まりづらく何度も使う必要があります。髪の毛と頭皮にはとても優しいです。

カラートリートメントとヘアカラーの違いについて

  最近では色んなカラー剤が出てきたり、いろんな呼び名があって何がなんだか分からない人も多いのでは? そもそもヘアカラーとカラートリートメントの違いは? スポンサーリンク 目次1 カラートリ ...

続きを見る

ハイライトカラーの疑問答えます | 白髪にもハイライトはできるの?

目次1 ハイライトカラーは白髪染めしている髪にもできるのか? 2 ハイライトカラーはどんな年齢でもできますか?3 ハイライトカラーはどのようにオーダーするの?4 ハイライトカラーをする上での白髪染めの ...

続きを見る

30代白髪の原因とケアの方法まとめ

加齢になどが原因の白髪を止める事は現段階の化学では難しいですが、まずはストレスや生活習慣の見直し、30代だからといって諦めるのではなく、今からできる白髪対策も参考にしていただき、若々しく保てるようにしていきましょう。

女性に人気の育毛剤

【マイナチュレ 】女性用育毛剤の口コミと効果

目次1 【マイナチュレ】女性用育毛剤は本当に効果があるのか?口コミから分析してみる2 【マイナチュレ】女性用育毛剤のメリット・デメリット3 【マイナチュレ】女性用育毛剤の良くある質問【疑問を解決】4 ...

続きを見る

サイトの著者【イシカワマサキ】

masaki
TOKYOGirlsCollection ヘアメイクチーム参加、Sweet Myベストヘア掲載、東京カジカジH掲載その他イベント、雑誌掲載など。日本最大級のファッションショー東京ガールズコレクション始め、毎月の撮影、ヘアショー、イベント、雑誌など常にトレンドを発信。提案力とデザイン性が売り。

普段のスタイリングを楽に、髪質の悩み、なりたいスタイルは石川まで是非ご相談!ヘアアレンジ動画YouTubeにて更新中

-ヘアケア, 白髪の対策

Copyright© Hairdresser M.I , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.